ロボットの超低遅延無線遠隔操作のデモを日本科学未来館で行いました。 - スポンサー広告News
FC2ブログ

スポンサーサイト

author photo

By浅田麻衣子 会社サイト用コラム

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Share

ロボットの超低遅延無線遠隔操作のデモを日本科学未来館で行いました。

author photo

By浅田麻衣子 会社サイト用コラム

NTTドコモ様主催、日本科学未来館で11月9日から11日まで開催された『見えてきた“ちょっと先”の未来~5Gが創る未来のライフスタイル』で、新日鉄住金ソリューションズ様が開発した遠隔地から無線でロボットを動かすシステムソリューションの一部にRevatronの超低遅延映像伝送システムが採用されました。
image1.jpg

オペレーターは、センサースーツにヘッドマウントディスプレイを装着するだけで、ほぼ遅延なしでロボットのカメラからの映像をVR映像として見ながら、ロボットの遠隔操作が可能です。
ロボットの目として装着されたカメラの映像伝送には、超低遅延映像圧縮の技術が必要となり、これまで二眼のフルHD60fpsの映像をリアルタイムでサイドバイサイド映像としています。
オペレーターは、没入感のあるVR映像としてロボットの目から見た風景をリアルタイムで見ることが可能です。
 ヘッドマウントとセンサースーツの動きが無線でロボット側に伝わる為、オペレーターが使い方を学ぶ必要なく、自分が動いているかのような感覚だけでロボットの操作が可能となったところです。

ヘッドマウントディスプレイの動きに合わせてロボットの頭が動いてくれるのですが、それがスムーズに動くのでVR酔いもなく、素晴らしいものとなりました。

将来的に、無線で遠隔操作できるロボットが、危険地帯や汚染地帯で活躍できる日が来ることを楽しみにしております。

また、本VR映像伝送システムは5G、LTE、wifiでもご対応しております。

【超低遅延VR映像伝送システムのお問合せ】
Revatron株式会社(レバトロン)
浅田麻衣子
スポンサーサイト
Share

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。